公共の宿、利用のポイント
[NEXT]

[TOP]

   

■公共の宿とは?
その名の通り市区町村、第三セクター、公的機関、公的機関の共済組合など公共団体が運営する宿泊施設です。広い意味で、国などが国民に対して行っている福利厚生策でしょうか。
そのため民間の同等の施設より2〜3割は安く泊まれます。1泊2食で一人1万円以下の施設が大部分です。
いっぽうでサービスは簡素化されており、ボーイさんが荷物を部屋まで運ぶ、仲居さんが部屋でお茶を入れてくれるといったサービスはありません。

■公共の宿は誰でも利用できるの?
「公共」なのですから基本的に誰でも利用できます。特にお父さん一人が家族全員分の料金を負担する家族旅行に最適です。
一部施設は組合員・会員と一般(非組合員・会員)で料金に差があったり、多客期は一般は利用できない場合がありますので、詳しくはホームページまたは施設に直接お問い合わせください。

■規則がうるさかったり施設がボロイんじゃないの?
門限やプールなどの付帯施設の使用方法が多少細かいところはありますが、普通の旅館・ホテルと比較して規則がうるさいとまで感じたことはありません(むしろオーナーの個性が強いペンション・ユースホステルのほうがくつろげない)。団体旅館でコンパニオンを呼んで大騒ぎするのを基準で考えている人は、それが非常識であると認識するべきです。
もちろんボロイところもありますが、平成に入って改築・新築・新設された施設も多く、むしろ豪華な施設に驚くこともあります。ホームページで概略はお分かりいただけるでしょう。ようは、出張などのビジネス需要、家族旅行などのレジャー需要、結婚式・同窓会などのイベント的需要で施設を使い分ければいいと思います。
食事は、料理旅館のような特別に手の込んだ料理を出すところは限られますが、「まずすぎる」「貧弱」な料理にはあまり出会っていません(少しは出会ってます(爆))。国民宿舎などは施設ごとに「特別料理」と銘打って、別料金で差別化を図っています。食事をしない素泊まりでもかまいません。

■ズバリ、お勧めはどれ?
<都道府県から探す>の中のお勧めには【GOOD!】マークをつけています。私の経験で言えば、「公立学校共済組合」が高級ホテル並みでびっくりしました。「厚生年金事業団」「いこいの村」「一部の市区町村営の宿」も快適です。また「公営国民宿舎」はこの数年でリニューアルされた施設が多く、ハズレは少ないはずです。逆に老朽化が目立つのは「民営国民宿舎」で、利用シーンやメンバーを工夫すればリーズナブルな旅が楽しめます。「サイクリングターミナル」は施設は簡素ですが必ずレンタサイクルがあるので、健康増進や「人の目線での旅」にお勧めします。
このホームページを作ってつくづく思ったのは「いい施設はホームページもいい」です。ホームページがない施設はいまどきどうかと思います。安価で作りますので、ご連絡ください。メールフォーム

■ホームページで施設を見分けるには?
もっとも、行ってみたらひどかった、という施設がないわけではありません。自分の経験を踏まえて、改めてホームページを見ると正の相関関係があります。「ひどい施設はホームページもひどい/ない」のです。一部の市町村の宿は、役所のページに羅列してあるだけで、概要も連絡先もわからないものがあります。何を考えて作っているのでしょう。
いい施設は、
1)独自ドメイン(広告宣伝の意識が高い、ある程度の予算を割ける)、
2)プロに依頼しておりデザインがきれい(同上)、
3)こまめに更新している(営業に熱心)、
4)宿泊予約・問い合わせがWEBでできる(同上)、
といったところがポイントでしょうか。
施設の写真がきれいかどうかは写し方にもよりますが、公式ホームページの出来で判断するのはあながち間違いではないと思っています。

■予約はどうするの?
当サイトから予約できる施設は旅行会社にリンクするボタンをつけてあり、これをクリックすれば予約サイトへリンクされます。※単なるリンクにつき、当サイトは予約や宿泊のトラブルには一切関知できません。予約者の個人情報はわかりません。
ホームページから予約できる施設もあり、インターネット割引がある施設も。でも一般的には施設に直接電話かファクスが無難です。インターネット予約といっても予約管理コンピュータで運用している施設はわずか。メールでやり取りするくらいなら電話のほうが速くて確実です。電話をするなら、施設側が比較的ひまな11時から15時にしましょう。チェックインやアウトが集中する時間に電話をして、ぞんざいな応対を受けて不満に感じても、あなたに責任の一端があります。少人数で経営して経費を抑えているのですから、施設の事情も理解するべきです。無断キャンセルや何軒かに重複予約を入れる客がいるため、予約金を現金書留や郵便小為替で送らなければならない施設もあります。
旅行代理店で予約できる施設もありますが、契約していない施設もあり、「安く旅行したい」ニーズには代理店の手数料がかかりますから、あまりお勧めできません。
安く気軽に泊まれるため、多客期はすぐ満室になる施設も多く、早めの行動をお勧めします。

■気をつけることは?
施設によっては、より安い会員料金で泊まるなら会員証などの証明書類の提示がいるところもありますので、正しくご利用ください。ローカル施設はクレジットカードが使えないところもあり、ある程度現金の持ち合わせはあったほうがいいでしょう。
タオル・歯ブラシ類・寝着のアメニティはまずそろっていますが、部屋にドライヤーのない施設は多いです。
いかに「安くて気軽」とは言っても、ホテル形式の施設ではスリッパ・浴衣で廊下やロビーに出ない、喫煙場所を守る、備品を持ち帰らないといったルールは守ってください。
公共の宿に限らず、盗難には気を使うべきです。貴重品は部屋の金庫またはフロントに預けましょう。入浴・食事などで部屋を開けるときは必ず施錠してください。

■公共の宿って、民業圧迫じゃないですか?
このサイトの本旨とはまったく異なりますが、そういう意見もあります。そのため公共の宿の新設や改築は、地元で大きな問題となることもあるようです。
しかし私に言わせれば、一部の民間宿泊業者のやり方を見ていると「あれじゃぁ」ってのがありますね。公共の宿は安いのが第一ですが、それだけで泊まっているわけではありません。売り上げが悪いのを人のせいにばかりしないで、自分のやっていることを良く振り返るべきです。これは大型店が出店する地元の小売業者にも同じことが言えます。ついでながら、この問題について私は論じる意志はありません。
地域経済の鈍化や行政主導の社会環境からの離反などから、今後<公共の宿>の新設は減少し廃業が増えるでしょう。それはともかく、あくまで利用者主体であるべきで、それを見失った観光業者・旅行業者の自社の論理だけの運営は、決して受け入れられることはありません。
かんぽの宿和倉問題 (メルマガの下のほうに掲載)

2006.10.24.



楽天トラベル